アイライン
(=アイシャドウ)
上まぶたと下まぶたの黒い縁どり。
アーモンドアイ オリエンタルタイプのネコに多い目の形。
アウトブリーディング
(=異形繁殖)
まったく異なる系統の雌雄間で行う繁殖のこと。
アグーティ タビー模様の間の毛色。地色。
アップルヘッド リンゴ形の頭のこと。
アビシニア斑 アビシニアンの毛色。
アルビノ 色素を作り出す酵素を欠落させる突然変異遺伝子により、皮膚、毛、目に色素がほとんどない、あるいはまったくない個体のこと。
アンダーコート
(←→オーバーコート)
保護毛の下に生えている柔らかい綿毛や下毛のこと。
アンバー ネコの目の色で、カッパーよりやや薄い琥珀色のこと。
育種
(=ブリーディング)
品種を維持、改良するための計画的交配、選択、淘汰などを伴った繁殖方法のこと。
一次毛 保護毛と同じ意味に使われる言葉で、外側の被毛を形成する長い上毛。
イヤータフト ペルシャなどの耳に生えている飾り毛。
インブリーディング
(=近親繁殖)
親子、兄妹、叔父と姪、祖父と孫など、血縁関係の近い雌雄感で行われる繁殖方法。
ウィスカー ネコの口ヒゲのような、針状の触毛。
ウィスカーブレイク 頬のくぼみ。
ウェッジ シャムを正面から見たときの、V字形に広がったくさび形の顔の輪郭。
上毛 被毛のうち、外側から見える長く硬い毛をいう。
襟毛
(=ラフ)
首の周囲の長い飾り毛。長毛種、とくにペルシャに見られる。
オーバーコート
(←→アンダーコート)
上毛で長く硬い毛。
オーンヘア 2種類ある下毛のうち、毛先がわずかに太くなっている、粗い方の毛。
オッドアイ
(=金目銀目)
左右の目の色が異なること。
オリエンタルタイプ シャムやレックスに代表される、筋肉質で全身の骨格がすらりとした細身の体型をいう。
ガードヘア
(=オーバーコート)
上毛で長く硬い毛。
カシミア ヒマラヤンのソリッド(単色)タイプ。毛糸はチョコレート(ブラウン)とライラックがある。
カッパー

赤銅色(濃いオレンジ色)の目色

カメオ レッドチンチラ。白い毛の先端にわずかにクリーム色が入り、明るいところで見ると黄金色に輝いて、たいへん美しい被毛。
キャッテリー ネコ専用の猫舎やネコの繁殖所。
キャリコ
(=三毛)
白地にクリーム、赤、黒の斑がくっきりと配色されている毛色。
求愛行動 発情期を迎えたネコが、交尾に先立って起こす予備行動。
クラシックタビー
(=ブロッチドタビー)
古代縞または雲形と呼ばれる縞模様の毛色。四肢、尾にはリング状に細い縞、前額部にはM字型のマークが入り、目尻から頬にかけては明確な線(クレオパトラライン)が走る。
クロスアイ 斜視。シャムにときどき見られるが、遺伝力が強い。
グローブ バーマンの前脚にある白足袋を指していう。
ケージ 金属製の猫舎。
毛づくろい ネコが自分で自分の被毛を手入れすること。
血統書 純血種のネコの両親、祖父母、曾祖父母など3〜4代にさかのぼってその血統が明記された書類。
ゴーストマーキング ブルー、クリームなどのソリッドの毛色のペルシャの幼ネコ期に現れる薄い縞模様。
コート 被毛全般のこと。
コビータイプ 短肢短銅でずんぐりとした体型。
コブラヘッド 大きく突き出た後頭部のこと。
コーリング 発情期のメスネコが、独特の声で鳴くこと。
差し毛 単色の毛色のネコにところどころ生えている、違った色の毛。
シーズン 発情中のこと。ヒートともいう。
シール シャムのポイントで、もっとも濃い(黒褐色)もの。
シールポイント シャムの基本的な毛色。体色はクリームがかったフォーン(薄黄色)で、ポイントは濃い黒褐色。ノーズレザーは濃い黒色、パッドは黒い褐色である。
シェーデッド 1本1本の毛先が濃色になっている色相。
シェード シャムやヒマラヤンなどポイントをもったネコの、生後3〜4年ごろ、背中や胸部に見られる黒っぽいポイントの広がり。
下毛
(=二次毛)
被毛のうち、上毛の下に隠れた細く柔らかい毛。
シャイ 異常に神経質で臆病な性格のネコ。
純血種
(=ピュアブラッド)
人間が血統管理をして確立した品種。
シングルコート
(←→ダブルコート)
二重毛になっているダブルコートの逆で、上毛のみ、または下毛のみの被毛を指す。
スプレー 性成熟を遂げたオスネコがテリトリーを誇示する行動で、周囲にかけ小便をすること。
スポッティング オシキャットのように、スポット(斑点)が地色に対比して明瞭に入ることをいう。
スモーク 1本1本の毛の大部分は同色で、根本部分だけ白、または淡色になっているもの。
セーブル バーミーズの毛色で、濃い茶褐色のもの。
セミコビー コラットやアビシニアンなどの体型を表現する言葉。コビーとオリエンタルタイプの中間。
ソリッド
(=単色)
全身一色の毛色。
ダウンヘア 2種類ある下毛のうち、短く柔らかい毛。
タビー 縞模様の毛色。マッカレルタビーとクラシックタビーがある。
タビートータシェル
(=トービー)
トータシェル(黒に赤とクリームが混ざったもの)の毛色で、地の黒が1色ではなく縞模様になっているもの。
タビーパターン アメリカンショートヘアで知られるクラシックタビーパターンと、魚の「サバ」を意味するマッカレルタビーパターンがある。
タビーポイント
(=リンクスポイント)
ポイント部分に縞模様が入っているもの。
タフト ふさふさした長い毛の束で、長毛種の耳介の内側や足の指の間などに生えている。
ダブルコート
(←→シングルコート)
ロシアンブルーの被毛のように、下毛が多く厚くて、上毛が短いもの。
ダブルチャンピオン チャンピオンクラスで、再び優勝したネコにあたえられる称号。
チョコレートポイント 体色はむらのない象牙色で、ポイントはミルクチョコレート色。ノーズレザー、パッドともにシナモンピンクの色相。
ティッキング アビシニアンの毛のように、1本の毛が2〜3の濃い色の帯で染め分けられてる色相。
ティッピング
(=ティップ)
毛先が濃い色になっていること。濃色部の多い順にチンチラ、シェーデッド、スモークと呼ばれる。
ティップドカラー 毛にティッピングのある毛色。
デンスコート 毛量が豊富で厚さもあり、密集している状態。
トータシェル
(=トーティ、トーティシェル)
黒に赤またはクリームが混ざった、べっ甲模様の毛色。
ネックレス 首にある縞。
パーティカラー ブルークリームやトータシェルのような混色の毛色。
バイカラー 白の地色に、他の1色が斑に入っている毛色。
ハイブリッド 異なる品種を交配して生まれた雑種。
パイボールド 白黒のまだらな毛色。
バタフライ クラシックタビーの毛色のネコの肩にある、アゲハチョウの羽のような斑紋。
バッククロッシング 品種の確立を目的に、計画繁殖の際、ネコをその片方の親と交配させること。戻り交配ともいう。
パッチ 地色に混ざって、部分的に入っている毛。
パッド 足裏の掌球のこと。肉球。
バニーキャット マンクスの愛称。尾のない(または極端に短い)マンクスの歩き方がウサギに似ていることから、こう呼ばれる。
フォーリンタイプ アビシニアンやソマリのように、骨細でエレガントな体型をいう。
ブリーダー 純血種ネコの繁殖家。
ブリード 家畜のそれぞれの種の中で、実用あるいは愛玩用の目的で、形態または能力上の特徴が確立して、他と区別されている集合。品種。
フリル ペルシャやヒマラヤンのような長毛種の、首の下から前胸にかけて生える、長く豊富な飾り毛。
ブレイズ トータシェルの理想的な毛色で、鼻梁、のど、前額の部分で、毛色が半分ずつ2色に分かれているもの。
ブレスレット 前肢にある、輪状の模様。
フレーメン オスネコが首を立てて半ば目を閉じ、唇をゆがめ、口を開けて臭いを嗅ぐしぐさ。
ヘアボール
(=毛球症)
ネコが自分の被毛をなめて飲み込んだ結果、胃や腸の中にできた毛の塊。食欲がなくなり、嘔吐や便秘などの症状が現れる。
ヘイゼル わずかにグリーンがかった、黄褐色。
ポー
(=パウ)
足先(足指)の部分。握りともいう。
ホイップ とくに細長い、先細の尾。
ポイント シャムのように、体の末端が濃色になった部分。
ボブテイル 途中で切れたり、短くねじれている尾。
マーキング クラシックタビーやマッカレルタビー、スポッティドなどの縞模様や斑点の総称。または、ネコが自分の体を物にこすりつけたりスプレーしたりして、他の仲間に地位や性別を示すための、印(マーク)つけ。
マスク シャムなどの顔面にある濃い色の部分。
マッカレルタビー 細い鉛筆で描いたような、明瞭な縞模様(トラ模様)。四肢のブレスレット縞は体の模様に連なり、尾にはリング、首と前胸部には数本のネックレス、目尻から頬にかけては明確な、クレオパトララインと呼ばれる線が伸びている。
ラウンドシェープ ペルシャのように、丸い形の目形。
ラディ
(=ルディ)
アビシニアンの標準的な毛色。
リング 尾にある横縞。
猫種図鑑Topへ