アメリカンカール

American Curl


Duetデュェット(メス)

Duetデュェット(メス)

 

 くるんと外側にカールした耳が印象的なこの猫のルーツは、1981年、南カリフォルニアで拾われた1匹の黒猫。

 この黒猫から生まれた子猫の半数は、母猫と同じカールした耳を持っていました。こうして耳は遺伝することがわかり、繁殖されるようになったのです。

 両親がアメリカンカールの場合、子猫の耳がカールする確率は50%ほど。生まれた直後はふつうの形で、生後4〜7日頃から少しずつカールしはじめるのだとか。

 新しい品種なので現在も盛んに研究と繁殖が続いています。姿同様、愛嬌のある性格で、人気上昇中。

 

毛種 セミロングの長毛種
毛色・毛質 色、模様ともにバリエーション豊富。体にフィットした柔らかい毛質
発生国 アメリカ
発生スタイル 突然変異的発生

 

猫種図鑑Topへ