アビシニアン

Abyssinian

 

 古代エジプトの壁画に登場する猫が祖先といわれているアビシニアン。

 「鈴のよう」と賞される高音の美しい鳴き声、アーモンド型の大きな目、スリムなボディなどもさることながら、最大の魅力はティッキングといわれる優雅で美しい被毛にあります。

 毛の1本1本がいくつかの色帯に分かれ、根本は淡く毛先は濃くなっているので、動きに合わせて金色に輝いて見えます。

 硬く小さい卵型のポー(足先)が、つま先立ちしているように見えることから「バレエキャット」の別名も。

 

毛種 中くらいの短毛種
毛色・毛質 代表色であるルディーのほか、ソレル(レッド)、ブルー、シルバーなど。手触りは柔らかい
発生国 エチオピア
発生スタイル 自然発生

 

猫種図鑑Topへ