レイラとLuLuのHappy Days in LA
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ロサンゼルス在住の女優・黒沢レイラさんが、

愛犬のLuLu(キャバリア)とのLA生活を楽しくリポート!

アメリカのペット事情から芸能界を取り巻く華やかな世界まで、
ちょっとのぞいてみたいロサンゼルスのひとコマを
楽しいエッセイと写真でご紹介します!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
* * *
 * * *
 * * *
 Sex and The Cityの犬ね! * * * * * * * * *

「きゃー、あなたの犬、キング・チャールズ??!」

日本ではキャバリアと一般的に呼ばれているうちの子
アメリカではこう呼ばれることが多い。
(正式名称はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル)

しかも、半数の人はこう続く。

「Sex and The Cityの犬ね!!!」

アメリカでは
日本でコマーシャルに使われて人気になったりするような
いわゆるブームみたいなものはあまりないけれど
日本でも人気のSexandTheCityくらいの人気者になると
影響力もあるようで。

そのせいか
ドラマが始まってから飼い始めた人が多いようです。

Sex and The Cityの犬?


 * * *
 * * *
 * * *
 シェルターから救出 * * * * * * * * *

彼女がレスキューした愛犬マイリー君

こうやって気軽にお喋りが始まるのが
犬を飼っているいいところ。
今日はいつも行くベーグル屋さんの前でお喋り。

「キャバリアが欲しかったんだけど、シェルターで好きな子が見つからなくて、この子をレスキューしたの!」

いつものことだけど
アメリカ人の捨て犬・猫に対する意識には頭が下がる。
ペットが欲しいけれどお店やブリーダーで飼うと高いから
って理由じゃなくて

「家がない子がたくさんいるのに」

って思ってひきとる。

実際
お金に余裕のある裕福な層の方々に
多いことかもしれません。

アンジェリーナ・ジョリーら有名人が
恵まれない子供を養子としてひきとるのと
同じ感覚だと思います。

 
* * *
 * * *
 * * *
 アメリカから学ぶこと * * * * * * * * *

たまに私は、ブリーダーから買ったの
というのに気が引ける時さえあったり。

そんな感じだから、「うちの子は××の血統書付きよ!!」

なんて胸を張るひとは
ショーに犬を出すことを本業にしている人でもない限り
まずいません。

そんな発言したら、まずひかれること間違いなし!

そういう私だってLuluをブリーダーから買ったし
ブリーダーから買うことを悪いとは思わない。

でも、この考え方はアメリカから学びたいなと
思うことのひとつです。
今はとっても幸せそう!


■黒沢レイラ■


女優・モデル。ロサンゼルス在住。

出演中のショートドラマ『LA BLUE』、
LA近郊エリアにて毎週日曜18chで放送中!

趣味は写真と絵と文、サーフィン。

オフィシャルサイトはこちらから
→ http://www.leilakurosawa.com